これからのリケンベッツファーマ

ホーム > これからのリケンベッツファーマ

代表挨拶

【リケンベッツファーマ株式会社(RVP)の設立経緯】
RVPは、創業70年を超える『理研畜産化薬株式会社』から古き良き畜産薬、その開発・製造技術を引き継ぎ、2016年に再出発した動物用医薬品の製薬企業です。グループ企業には、医薬品の市場調査及び企画開発を担う『獣医医療開発株式会社』や臨床研究を行う『アマミベッツメディカ(株)』がありRVPは医薬品の研究開発部門と製造販売部門(ペット、畜産、水産、輸出)で構成され、動物用医薬品の製造販売業の中心的な役割を担っています。
動物用医薬品を通じて社会に貢献することを社会的使命と考え、日々、研究開発を推進しています。
【これからのRVP】
RVPは、「Change(変革)」「Choice(選択)」「Challenge(挑戦)」の「経営方針3C」を掲げ、既存の工場とともに新設工場に最新設備を導入し、ペット専用の錠剤やシロップ剤の新規剤形ラインの稼働、金魚や小鳥の新たな動物用製品の開発に挑戦し続けます。

リケンベッツファーマ株式会社
代表取締役 獣医師 島田洋二郎

経営理念

  • (グループ企業、獣医医療開発(株)の)
    ベンチャー精神を受け継ぎ、革新的な製剤技術の開発、製品展開、学術活動を行い、獣医医療の発展を支え続ける。
  • (旧理研畜産化薬(株)が展開させた)
    唯一無二の製品を再プロデュースし、古き良き製品を市場に復活させる。
  • (グループ企業の共通認識)
    輝く人材の育成と成長をグループ企業の共有財産とし、チャンス溢れる職場環境を目指す。

理研畜産化薬株式会社とは?

リケンベッツファーマ(株)の前身は「理研畜産化薬(株)」であり、戦後の食肉タンパク質の供給源確保、昭和から平成にかけての水産養殖業ブームに寄与した畜産薬や水産薬の製造販売を行ってきました。しかしながら、バブル崩壊後は畜産薬が衰退し、ペット用薬の市場ニーズが高まり、理研畜産化薬(株)は2016年に、獣医医療開発(株)の医薬品研究及び製造販売機関として、リケンベッツファーマ(株)に全事業を譲渡しました。

経営方針 3C

【Chenge(変革)】

リケンベッツファーマ(株)は設立後から10品目の新製品を上市し、2020年まで3期連続の増収増益を達成しました。従来の考え方や手法に捉われず、企業の変革に意欲的に取り組くむ製薬会社へと大きな変化を遂げています。

これからのリケンベッツファーマ(株)は、老舗製薬企業時代の良き文化を継承しつつも新たにベンチャー精神を発揮し、斬新な製剤技術を生み出すために、2020年に新しい工場及び研究所を新設する予定です。

【Choice(選択)】

リケンベッツファーマ(株)では、川口工場(医薬品粉剤/液剤/注射剤ライン)、三ツ和工場(錠剤ライン)及び寄居工場(飼料添加物粉剤ライン)が稼働し、現在、畜産薬と水産薬を中心に約40製品を製造販売しています。その中でも今後の生産ラインの強化計画には、①錠剤ライン;梅田(新設)・三ツ和工場に新規機械導入、新たな剤型ラインアップを展開するための製造ライン稼働、②医薬品粉剤ライン;オートメーション化を進める梅田工場に移設、安定的製造の強化、③注射剤ライン;最新鋭の製造設備の導入、品質の高い製品の大量生産の実現を目指します。

【Challenge(挑戦)】

リケンベッツファーマ(株)は、金魚や鯉などの観賞魚用薬や小鳥用の医薬品の製品展開にもチャレンジしていきます。観賞魚用薬は既に製品上市を予定し、この製品を皮切りに新しい分野での成長路線を展開します。畜産薬では従来の製品開発のほか、古き良き畜産薬を改良した唯一無二の製品を復活させます。ペット用薬においては、ジェネリック医薬品だけでなく、医療用医薬品の転用新薬の開発にチャレンジします。年間4製品以上の上市を目標にしています。

世界の動物たちへより良い製品を提供するため、
利便性の高い高品質な製品を追求して参ります。


PAGE TOP