これからのリケンベッツファーマ

ホーム > これからのリケンベッツファーマ

代表挨拶

2016年、理研畜産化薬株式会社は「リケンベッツファーマ株式会社」として、再出発しました。
これまで、牛や豚などの生産動物向けの医薬品・飼料添加物などを製造・販売して参りましたが、これからは新しい製造ラインを立ち上げ、犬や猫などの伴侶動物向けの医薬品・サプリメントを開発し、動物に関わる全ての方々、動物たちの獣医医療への貢献を目標とします。

代表取締役 獣医師
島田 洋二郎

経営方針 3C

Change 変革 | 70年の歴史に新たな幕開け

理研畜産化薬は1946年、日本獣医畜産製薬株式会社として設立され、1950年、商号を理研畜産化薬株式会社と改めました。今日まで、動物、特に家畜の生産性を高めるような製品を数多く製造販売してきました。
2016年創業70年を迎え、リケンベッツファーマ株式会社と改め、獣医医療開発株式会社と業務提携を始めます。

高品質製品の提供

動物用医薬品は動物の命・健康に直接かかわるのに加え、生産動物であれば、肉や卵、魚を口にする人の健康にもかかわります。有効性・安全性・品質が担保された製品をご使用いただくため、生産工程を見直し、工場作業員へのGMP教育を徹底いたします。また、自社工場ならではの一環した製品管理のもと、安定した生産システムを確立いたします。さらなる効率化を図り、より多くの方に製品を提供するため、オートメーション化も進めます。

Choice 選択 | 新製品の開発に向けて

現在、川口工場は注射・液体・粉剤・軟膏ライン、寄居工場は粉剤ラインが稼働しています。この中でも、動物用医薬品の粉剤(水産薬)、軟膏・液剤(牛用薬)の製造を得意としており、水産薬は国内で高いシェアを誇っています。

幅広い動物への医薬品提供

水産・乳牛用の医薬品に加え、肉牛、豚、鶏用の医薬品・混合飼料・飼料添加物、伴侶動物の医薬品サプリメントを対象とした製品展開を行います。また、動物(ペット)用サプリメントオリジナルメーカーランキング1位の獣医医療開発との業務提供により、現在の剤型に留まることなく、投薬コンプライアンス向上、
ライン生産性向上に貢献できるような剤型を手懸けて参ります。

Challenge 挑戦 | すべての動物たちへ

国内の畜産農家数は減少傾向にあり、且つ高齢化が進んでいます。時代によって飼養環境は変化し、医薬品・飼料添加物・混合飼料に求められる役割は変化していきます。臨床現場の声を集め、利便性の高い製品を開発して参ります。

伴侶動物への製品提供

10年間、伴侶動物用の医薬品・サプリメントの開発を行ってきた獣医医療開発の開発力、長年培ってきた旧 理研畜産化薬の製造技術を融合し、高嗜好性経口剤技術に加え、更に与えやすさを追求した剤型の開発を行います。

世界の動物たちへより良い製品を提供するため、
利便性の高い高品質な製品を追求して参ります。


PAGE TOP